船橋カクテルとは

梨の風味が活かされ飲みやすいカクテル 船橋の梨カクテル

梨カクテル
梨カクテル

「農林水産大臣賞」受賞の船橋市のなし

耕作面積、収穫高、産出額全てにおいて全国1位である梨の名産地千葉県。中でも、船橋市の梨は高品質で有名であり、2012年には「千葉なし味自慢コンテスト」で船橋市の梨が千葉県No1の称号「農林水産大臣賞」を受賞。
 
レベルが高い船橋産の梨を贅沢に使用して開発した「梨カクテル」。
船橋の梨カクテルは、船橋産の梨を使用し、二和向台に支店を構える「菓子工房アントレ」のパティシエ・高木康裕さんが監修の元、梨をシャリシャリとした食感の残るコンポート(ジャムに加工する前段階の果実を煮込んだもの)状に加工してお酒にしたカクテルです。
 
現在のところ「船橋カクテル」はアルコール入りのもの(ナッシーバック)と、ノンアルコールのもの(ナッシーコーク)があります。アルコール入りのものは、ほんのり香るバニラ風味に梨本来の甘味が加えられトニックウォーターの爽快感とマッチした「梨トニック」。もちもちのタピオカと梨のコンポートをフローズン状にすることで甘党も大満足の「究極の梨」の2種。そしてアルコールが飲めない人のために「究極の梨」のノンアルコール版「梨のフローズン」。
 
梨の甘味が活かされ、ゴロゴロとした食感。糖度の高い梨が持っている本来の食感と甘味が味わえます。
 

原材料 梨、ラム酒、トニックウォーター 他
untitled
nashicocktail04
nashicocktail05
nashicocktail06