すずきめしとは

千葉県ナンバーワンのB級グルメ 船橋のすずきめし

suzukimeshi01

すずきめし
すずきめし 割り醤油味

船橋はスズキの漁獲量日本一

江戸時代から漁師町として栄えてきた船橋は、スズキの漁獲量日本一。
平成22年度の全国でのスズキの漁獲量は8200トン、中でも千葉県は2324トンを占め全国一。船橋市漁業組合によると同年船橋でのスズキ漁獲量は423トンで千葉県一 ―――。
 
飲食店37店舗で組織する「船橋F.B.C.」が2013年秋、スズキを使った船橋の名物を作り出そうと開発したのが『すずきめし』です。
「すずきめし」は、船橋漁港が日本一の水揚げ量をほこるスズキをメインに、同じく日本一の水揚げ量のホンビノス貝と合わせた出汁で作った炊き込みご飯を、みりんやスズキのダシなどで味を調えライスコロッケにしたもの。
三番瀬の海苔とパルミジャーチーズを混ぜアクセントにし、パン粉をつけてカラッとあげています。
ソースの味は、カツオ出汁との割り醤油味とオーロラソース味の2種類。
 
2013年千葉県中央公園で行われた「ちばC-1グルメ選手権!」では、此の船橋F.B.C.が開発した当すずきめしが千葉県ナンバーワンのB級グルメに輝きました。
 

原材料 鱸(スズキ)、ホンビノス貝、三番瀬海苔、パルミジャーチーズ、みりん、米 等
(ソースを除く)
すずきめし
すずきめし
すずきめし
すずきめし